高利回りが期待できるソーシャルレンディング

高利回りが期待できるソーシャルレンディング

インターネットが普及することにより、物流の世界では消費者と供給者が直接結びつくようになりました。卸売業者などの中間業者を不要とすることで流通コストを下げることができ、消費者は安い価格で物を購入することが可能です。一方供給者の側でも直接消費者と取引を行うことにより利益率が高まり、価格を下げても利益を確保することができます。
このようなインターネットを介する消費者と供給者の新たな関係は、金融の世界でも生じています。以前は企業が資金を必要とする場合、銀行から融資を受けたり株式や社債を発行する必要がありました。現在ではインターネットを活用したクラウドファンディングにより、不特定多数の投資家たちから資金を調達することができます。投資家にとっても銀行預金などと比較して高利回りを期待することができるメリットがあります。

高い利回りを期待できる理由とは

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの1つです。クラウドファンディングはインターネットを使用して多数の人々から出資を募る仕組みですが寄付型と購入型、投資型の3種類が存在します。そのうち投資型クラウドファンディングには株式型と融資型があります。ソーシャルレンディングは融資型のクラウドファンディングに該当し投資家が高利回りを期待することができる一方で、企業には低金利な資金調達を行う可能性が存在します。
投資家にも企業にもメリットの大きな仕組みですが、その大きな理由は銀行などの仲介を受けることなく直接的な融資が可能なことにあります。インターネットを利用して直接的に融資を行う方法にはマーケット型、オークション型、ファンド型が存在します。特にマーケット型やオークション型では金利の設定や融資先の決定について投資家に高い自由度があるため高利回りを期待することができます。

投資家と企業の新しい関係を作る

インターネットを活用して直接的に出資を募る方法により、投資家と企業の新たな関係を作ることができます。ソーシャルレンディングの3つのタイプのうち、ファンド型は日本で生まれました。運営会社が企業の審査を行い金利や融資額、融資期間を決定します。投資家は運営会社から提示される条件を検討して融資を行うかどうかを決めます。
マーケット型は運営会社が企業の格付けを行い、金利などは投資家自身が行います。オークション型では最も低い金利で入札した者が融資を行う権利を取得します。いずれの方式の場合にも、銀行などを仲介せずに投資家は自ら信用できると判断した企業に直接融資することが可能です。投資家が高い利回りを期待できるだけでなく、信用度の高い企業であれば低金利な融資を受けることもできます。投資家と企業双方にとって大きなメリットのある仕組みです。