投資家必見!ソーシャルレンディングなら高利回りで資産運用可能

投資家必見!ソーシャルレンディングなら高利回りで資産運用可能

お金が余っている投資家は、企業などに融資をして、利息を稼ぎたいと考えるかもしれません。しかし、継続的に融資を行うためには、貸金業登録をしなければなりません。ソーシャルレンディングは、貸金業登録をしている仲介業者へお金を集めて、お金を借りたい企業に対して融資を行うというサービスです。仲介業者が一定の手数料はとるものの、かなり高利回りで資産運用を行うことができます。
仕組みとしては、仲介業者が投資家からお金を集めて、ファンドのようなものを作ります。そこから、お金を借りたい企業に対して融資を行います。
投資家は企業の情報を見ることはできませんが、いつくかの案件から選ぶことができますので、短期の案件を選ぶことでリスクを減らすことができます。少額からの投資も可能です。

予備知識が不要で簡単に投資ができる

ソーシャルレンディングでは、仲介業者が貸金業者としての免許を持っていますので、投資家はただお金を投資するだけですみます。必ずしも企業が希望をしている金額の全額を出せる必要はなく、複数の投資家からお金を集めるので、少額からの投資も可能です。リスクは投資家が負っていますが、その半面で高利回りの資産運用が可能です。
株式投資では、経済や経営の知識があったほうが有利になると言われていますが、ソーシャルレンディングの場合には予備知識などは特に不要です。しかし、リスクについては理解しておく必要があるでしょう。投資する金額や期間は比較的自由に選べますので、少額の投資をして、短期間の案件に応募をすれば、それほどリスクはありません。一定の審査がありますが、厳しくはないようです。

他の投資と比べるとリスクが少ない?

他の投資と比べると、かなりリスクが少ないと言われています。そもそも、企業が倒産をするということは、それほど頻繁にあるわけではありません。個人にお金を貸す場合に比べると、貸し倒れのリスクは小さいと言えるでしょう。また、仲介業者は一定の審査を行っていますので、高い確率で貸したお金を返してもらえます。
しかし、仲介業者がどのような審査を行っているのかということは、投資家にはわかりません。貸し倒れのリスクは投資家が負っていますので、慎重に案件を選びましょう。途中解約はできないので、2年~3年程度の長期の案件よりも、3ヶ月~1年くらいの短期の案件を最初は選んでおくべきでしょう。複数の業者に対して、資金を分けて投資をするということも重要です。市場規模は年々拡大されてきており、今後期待されるサービスとなっています。